船橋市原木中山の整形外科・リハビリテーション科 原木中山駅前整形外科 リハビリテーション科|下総中山 西船橋

船橋市原木中山の整形外科・リハビリテーション科 原木中山駅前整形外科 リハビリテーション科

船橋市原木中山の整形外科・リハビリテーション科 原木中山駅前整形外科 リハビリテーション科の診療時間は(月・火・木・金)9:00~12:30 15:30~18:30 土曜日は9:00~13:00 休診:水曜、土曜午後、日・祝

船橋市原木中山の整形外科・リハビリテーション科 原木中山駅前整形外科 リハビリテーション科は「原木中山」駅より徒歩3分

船橋市原木中山の整形外科・リハビリテーション科 原木中山駅前整形外科 リハビリテーション科の電話番号047-711-1852

ガングリオン

ガングリオンとは?

ガングリオンとは、関節の近くにできるゼリー状の腫瘤で、全身のどの関節の近くにもできうるもので、その関節と一部がつながっています。

厳密には腫瘍ではありません。

ガングリオンは知らないうちにできており、気づいていないだけでいろいろな全身の関節にできている可能性があります。

硬めの弾力のある手触りとなることが多いです。

ガングリオンに気づきやすいのは手首や手指の周囲にできたものです。

その他、足部周囲や膝周囲も自覚されやすいです。

症状

ガングリオンそのものの症状はないことの方が多いです。

ガングリオンはそのサイズも様々で、米粒くらいの小さいものから、ピンポン玉ほどにまで大きくなるものもあります。

場所と大きさによっては痛みやしびれがでる

神経や腱の近くにできたガングリオンが大きくなると、神経や腱を圧迫して痛みやしびれ、運動障害が起きてしまうこともあります。

原因

ガングリオンができる原因ははっきりと分かっていません。

診断

エコー(超音波)検査で容易に診断可能です。エコーの届かない深部などはMRIで診断可能です。

治療

ガングリオン自体は、良性疾患であり、特に痛みがなければ放置して自然治癒に任せるということも可能です。

その場合には見た目が気になるという理由で治療される方もいます。

痛み、しびれや運動障害がある場合には、治療をおすすめします。

穿刺吸引方法

注射針をガングリオンにさし、内容物を吸い出すという治療法です。

しかし中身を抜いただけではまたしばらくすると再発して膨らんでくることがあります。

硬化療法

注射で内容物を吸い出した後に、その袋が膨らんでこないようにしぼんだままでくっつかさせる治療薬を注入する方法です。

薬液が若干特殊であるため、市中病院以上の形成外科などで行っていることが多いです。

こちらは再発率が一気に低下します。

外科的手術

再発例には、手術によって切り取る方法もあります。

ガングリオンはできる場所や神経との近さなどで症状が大きく変わりますが、痛みやしびれなどの症状がある場合にはクリニックを受診してください。

部位から探す
うで・肩
胸・背中・腰
手・指
ひざ
病名から探す
頚椎症
寝違え
五十肩
肩腱板損傷
ギックリ腰
変形性膝関節症
骨粗鬆症
ガングリオン
腰椎椎間板ヘルニア
ばね指
へバーデン結節
マレット指
橈骨神経麻痺
野球肘
変形性脊椎症・脊柱管狭窄症
腰部脊柱管狭窄症
腰部筋筋膜炎
石灰沈着性腱板炎
半月板損傷
膝靭帯損傷

このページの先頭へ戻る