船橋市原木中山の整形外科・リハビリテーション科 原木中山駅前整形外科 リハビリテーション科|下総中山 西船橋

船橋市原木中山の整形外科・リハビリテーション科 原木中山駅前整形外科 リハビリテーション科

船橋市原木中山の整形外科・リハビリテーション科 原木中山駅前整形外科 リハビリテーション科の診療時間は(月・火・木・金)9:00~12:30 15:30~18:30 土曜日は9:00~13:00 休診:水曜、土曜午後、日・祝

船橋市原木中山の整形外科・リハビリテーション科 原木中山駅前整形外科 リハビリテーション科は「原木中山」駅より徒歩3分

船橋市原木中山の整形外科・リハビリテーション科 原木中山駅前整形外科 リハビリテーション科の電話番号047-711-1852

変形性脊椎症・脊柱管狭窄症

変形性脊椎症

変形性脊椎症は加齢により生じるもので、脊椎に生じた変形性関節症で、関節痛を生じる病態です。

頚椎・胸椎・腰椎・仙椎をまとめて脊椎とよびます。

一般に変形性脊椎症には頚椎に生じる変形性頚椎症、腰椎に生じる変形性腰椎症があります。

胸椎・仙椎に関して、胸椎は肋骨により補強されているため、仙椎は周囲骨盤により安定しているため変形性胸椎症や変形性仙椎症という病態にはなりにくいです。

脊椎の変形し神経を圧迫することもあるため、膝関節や股関節などの変形性関節症では生じない神経症状が生じることもあるのが特徴です。

変形がすすみ神経症状もでてくると、脊柱管という神経の通る部位が狭くなった状態となってきており、この状態を脊柱管狭窄症といいます。

症状

軽症ですと無症状のことも多いです。変形が進んでいきますと、慢性的な痛みがでたり、可動域の制限が生じてきます。

寝起き時、立ち上がり時・歩き始めなどの動きだす際、長く歩く際、体を動かし続けるなどで各関節の痛みを生じます。

脊柱管狭窄症

原因

加齢による脊椎の変形が主な原因となります。

この変形によって椎体に骨の突起(骨棘)ができてしまい、関節痛が生じ、さらに神経や脊髄を圧迫することで神経痛を生じます。

治療

無症状であれば、治療は必要ありません。

痛みがある場合は、安静にし、サポーターやコルセットなどで脊椎を支えます。

カイロや入浴で温めることも効果的です。

もしもこうした治療を行っても、症状が改善されず、神経症状が悪くなってしまうという場合には、手術が必要となることもあります。

基本的には加齢により起きるものなので、治療よりも予防に注意を払っていきましょう。

普段から首・腰に負担をかけないよう、荷重負荷を減らし、体重は痩せている方がよいので太りすぎにも注意です。

日常生活・食生活・運動習慣に気をつけて予防をしましょう。

部位から探す
うで・肩
胸・背中・腰
手・指
ひざ
病名から探す
頚椎症
寝違え
五十肩
肩腱板損傷
ギックリ腰
変形性膝関節症
骨粗鬆症
ガングリオン
腰椎椎間板ヘルニア
ばね指
へバーデン結節
マレット指
橈骨神経麻痺
野球肘
変形性脊椎症・脊柱管狭窄症
腰部脊柱管狭窄症
腰部筋筋膜炎
石灰沈着性腱板炎
半月板損傷
膝靭帯損傷

このページの先頭へ戻る