船橋市原木中山の整形外科・リハビリテーション科 原木中山駅前整形外科 リハビリテーション科|下総中山 西船橋

船橋市原木中山の整形外科・リハビリテーション科 原木中山駅前整形外科 リハビリテーション科

船橋市原木中山の整形外科・リハビリテーション科 原木中山駅前整形外科 リハビリテーション科の診療時間は(月・火・木・金)9:00~12:30 15:30~18:30 土曜日は9:00~13:00 休診:水曜、土曜午後、日・祝

船橋市原木中山の整形外科・リハビリテーション科 原木中山駅前整形外科 リハビリテーション科は「原木中山」駅より徒歩3分

船橋市原木中山の整形外科・リハビリテーション科 原木中山駅前整形外科 リハビリテーション科の電話番号047-711-1852

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は、腰椎や仙骨の背中側にある、神経の入った脊柱管が狭くなることで、中の神経が圧迫され痛みを引き起こす病気です。

脊柱管が狭くなる原因はほとんどの場合は加齢性変化で、加齢による椎間板のすり減り・骨自身の変形・骨のずれ(すべり症)・脊柱管にある靭帯の肥厚などにより生じます。

ほかの原因では、靭帯の骨化を伴う疾患に合併することもあります。

症状

腰痛と下肢の神経痛が特徴です。

下肢の痛みやしびれがあり、腰にも痛みと違和感がでてきます。

間欠性跛行

典型的には歩行時に痛みが増し、しばらく休むと引いていく、「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」という症状が特徴です。

また、進行すると、排尿障害や便秘などの直腸や膀胱の神経症状が現れることがあります。

原因

脊柱管が狭くなり神経を圧迫することが原因ですが、その変形にも様々な理由が考えられます。

加齢により椎間板の弾力性が弱くなり、変形がおきたり、長時間の運転や、荷重負荷で腰に負担をかけることも脊柱管の変形をまねきます。

治療

元に戻すことはできません

根本治療は脊柱管の変形・狭窄をもとにもどすことですが、脊柱管の狭窄変形を治す薬は現時点ではなく、狭くなった脊柱管を広くする方法は手術以外ありません。

安静にして患部を支える

痛みが強くなった際は安静、内服治療を行い、楽な姿勢を保ちます。

コルセットなどで腰を支えることも役立つこともあります。

リハビリを実施して、無理なく過ごせる方法を見つけましょう

一番重要なのは、疼痛がでないコツをつかむために理学療法・リハビリテーションでご自身の症状の出方を分析し、そこからどのような生活がよいか、どのような運動・ストレッチが自分にあっているか、逆にどのようなことはしない方がいいか、これらを検討してうまく付き合っていく方法を探していくことです。

痛みを和らげるための注射療法

疼痛を緩和するほかの方法ではブロック注射があり、神経を包む硬膜の外側に注射する硬膜外ブロックや神経根に直接注射する神経根ブロックがあります。

これらは大事な神経の近くに注射処置するため、専門性が高いペインクリニックや脊椎専門病院で行われます。

最終的にこれらの治療をしてなお痛みがひどく、歩行が困難な場合には、手術が必要になります。

しかしながら、多くの方は手術加療ではなく、リハビリテーションで疼痛をコントロールする方法を常に模索しながら治療しております。

部位から探す
うで・肩
胸・背中・腰
手・指
ひざ
病名から探す
頚椎症
寝違え
五十肩
肩腱板損傷
ギックリ腰
変形性膝関節症
骨粗鬆症
ガングリオン
腰椎椎間板ヘルニア
ばね指
へバーデン結節
マレット指
橈骨神経麻痺
野球肘
変形性脊椎症・脊柱管狭窄症
腰部脊柱管狭窄症
腰部筋筋膜炎
石灰沈着性腱板炎
半月板損傷
膝靭帯損傷

このページの先頭へ戻る